客席数 1階78席  2階38席

音響設備 SRD
(ドルビー・デジタル)



映 写 室
2014年10月よりフィルム上映に加えて
デジタル素材
(Blu-ray、DVD)に対応しました



 売店   

 お菓子 飲み物 パンフレットなど

  アルコールの販売はありません


 火曜日限定販売中!
 穀粒家
(kotsubuya)さんパンの日

 国産小麦・天然酵母のおいしいパンです
火曜日 午後1時と午後7時に 第一映劇に配達されます

お花を楽しみに来る方もいます
かっきー奥様の生け花



駐車場   劇場横に 9台
ご利用の際は 入場時に車の鍵をお預け下さい
満車の時は かっきーに声かけて下さい(゜∀゜*
家賃を払いながら頑張っています
応援よろしくお願いします
:*:・。,☆゚'・:*:・。,ヽ(・∀・)人(・∀・)ノ ,。・:*:・゚'☆,。・:*:

                                                                    


昭和30年代には
天草映劇
(大正14年開業)
本渡映劇
(昭和30年開業)
本渡東映
(昭和32年開業)
中央館
(昭和7年開業)
の4館あった映画館

←写真は中央館
昭和38年5月4日〜13日上映
世界残虐物語・チャップリン黄金狂時代

  (現・本渡第一映劇)
昭和40年(1965)に中央館が金子雅俊氏により
本渡第一映画劇場と改名されオープン
第1回上映作品は「アラビアのロレンス」だった


元・中央館の建物を
現在の建物に建て直して
昭和46年12月27日に
リニューアルオープン

写真は
リニューアルオープンに
集まったライオンズクラブメンバー

前列左端が金子雅俊氏

リニューアル第1回上映作品は
「シェーン」
そして天草の映画館は 平成元年に この本渡第一映劇1館となった

その1館も 平成2(1990)年9月の「天と地と」を最後に休館に入った

  映画館のある街を復活させようと天草シネマ倶楽部が
本渡第一映劇を借りて期間限定の上映会を開催した 
平成3年
(1991)8月24日25日の第一回天草シネマパラダイス

天草に“映画”を呼び戻すきっかけとなり
映画館復活委員会の活動と努力によって

平成10年
(1998)1月1日に常設館として正式に本渡第一映劇が復活