館主 かっきーの独り言 

2010年映画ベスト10雑記

 

昨年末、紅白歌合戦での桑田佳祐復活ステージを
目当てに
NHKを何気なく見てたら、驚きのニュースが飛び込んできた。

‘高峰秀子さん死去・・・’
「え〜
!?」思わず声を上げてしまった。
おそらく、国民の大多数がショックを受けたに違いない。 


高峰秀子といえば、成瀬巳喜男と木下恵介の両巨匠がすぐ思い浮かぶ。
特に学生時代に観た「二十四の瞳」の感動と、
「乱れる」の衝撃は忘れられない。

この2作品だけはどうしても、第一映劇のスクリーンで上映したかったので、
‘天草名画座番外地’で上映させてもらった。
でも、まだまだやりたい作品はたくさんある。
(ちなみに稲垣浩監督「無法松の一生」も上映済み!)  

成瀬・高峰コンビの代表作「浮雲」や、夫・松山善三デビュー作で、
ろう者の夫婦愛が胸を打つ「名もなく貧しく美しく」、
他にも「煙突の見える場所」、「喜びも悲しみも幾年月」等、
スクリーンで観て欲しい名作ばかりだ。

本当なら、追悼上映会をやりたいのだが、
諸事情により簡単には出来ないので、デコちゃんファンの皆さま、
もう少し時間と力(?)をください。

それと、付け加えさせてもらえるなら、高峰さんと同じ12月に他界した、
一般映画、ピンク映画、Vシネ・・・とにかくもの凄い数の映画に
出演し続けていた俳優(監督作も多数アリ!)の野上正義氏、
「スケバンマフィア肉刑」、「天使のはらわた赤い淫画」、「人魚伝説」で、
私にバイオレンスムービーの面白さを強烈にねじ込んでくれた
監督・池田敏春氏も、いつか追悼したいと思っています。

 

 

さて、2010年度映画賞が続々と発表されましたね〜。

最近では、「日本アカデミー賞」で俳優部門独占の「悪人」と、
監督賞・作品賞を受賞した「告白」という結果が、自分的にはツボでした。 

でも授賞式のテレビ放送では、関根さんの司会はなかなか楽しめたけど、
木村監督のお話が途中でカットされていたのは残念・・・。

キネ旬では、一位「悪人」二位「告白」、
俳優部門は主演賞が豊川悦司と寺島しのぶ!これまたナットクの結果でした。

では、皆さまは納得しないかもしれませんが、個人的なベスト10を発表します。

 

一位  告白

二位  時をかける少女

三位  春との旅

四位  ハートロッカー

五位  瞳の奥の秘密

六位  インセプション

七位  キャタピラー

八位  今度は愛妻家

九位  クロッシング(韓国)

十位  悪人

次点  十三人の刺客、ソルト、借りぐらしのアリエッティ

 

現時点(2月28日)での思いつき・・・っていうか、
資料を見ないで自分の記憶から蘇ってきた、自分の好きな映画を並べてみた。

「告白」はオープニングから、ずっと緊張感を持ってエンディングまで引っ張った、
監督の手腕にあらためて映画の可能性を感じさせてもらった作品。
「時をかける少女」は、大林監督作品を第一回天草映画祭で上映したときから、
この物語は時代を超えループし続けているのでは?という自分の疑問に
一つの回答をくれた作品。
「春との旅」は、天草の港町・御所浦での上映会と第一映劇、
二箇所の上映でまったく異なる感動をもたらしてくれた大好きな作品。
高橋克典さんも、第一映劇で観て良かったと言ってくれました。
・・・・四位以下については、直接お話しましょう。
映画館に遊びに来てください。(笑)

 

オマケ  第一映劇で昨年観た旧作ベスト5

       一位 しとやかな獣

       二位 偽れる盛装

       三位 僕の村は戦場だった

       四位 直撃地獄拳大逆転 

       五位 黒蜥蜴 or にっぽん泥棒物語

 

さて、今年の映画界はどうなるのでしょうか?

ヒット作は、やはり3D中心? 今まで上映してきたシリーズ物、
「ナルニア国物語」や「パイレーツ・オブ・カリビアン」も最新作は3
Dになるし、
夏公開のシリーズ最終作「ハリーポッターと死の秘宝」も
part2は、
ついに3
Dになる予定!  これじゃ、当館は対応できません。

「アバター」上映時みたいに、3Dじゃないからと言って、
お客さんが何人も帰ったことを思い出します。(泣)
・・・・・あっ、いや「ハリーポッター〜」に関しては、
前回の独り言で目標にしていた人数をかなり下回ったので、
どちらにせよ現段階で
part2は上映できそうにありません。

天草で観てくれたハリーファンの皆さま! 誠に申し訳ありません。
m(__)m

もう今年は、やれる範囲の映画を無理せずに上映していくつもりです。 

桑田さんの新曲「それ行けベイビー
!!」に倣って、
真面目にボチボチ好きなように頑張ります。

 

でも、毎年恒例のアレだけは、何とかやりたいのですが・・・・???

                        2011年3月1日