館主 かっきーの独り言 

最後に降り立つのは、天使か? 悪魔か?


天草としては 久しぶりの全世界同時公開作品「天使と悪魔」を上映中です

今までも「ハリーポッター」シリーズなど
何本かの全国同時公開作品はあるのですが

やっぱりフィルム代やら 上映期間など リスクが大きい割には
あまりいい結果が出ないので なかなか冒険が出来ませんでした


ただ今回は ちょうど前作「ダ・ヴィンチ・コード」
封切りで上映したこともあり 最新作を望む天草の映画ファンの声にも
お応えしようと決意しました

ちなみに今作は「ダ・ヴィンチ・コード」よりも 分かりやすく
ストーリ ーと場面描写にテンポがあり 
2時間余りをあっという間に見せきってしまいます

原作を知っていれば もっと深読み出来ると思いますが
映画的魅力がギ ュッと詰まったエンターテイメント大作です!


映画を観た後 原作を読み もう一度映画を観ると
おもしろさも倍増するでしょうし ウチ的にも嬉しいです(笑)

それと 前作で不評だった トム・ハンクスの髪型は今回は まともです
(前作では トムの髪型をけなす人が多かった・・・泣)


ところで この映画のおもしろさの一つに 時間制限という縛りがあります  

誘拐された枢機卿が60分ごとに殺害されるのをどう防ぐか?
12時に爆発する反物質爆弾を見つけられるのか?
また どうやって解除するのか?  

これって アクション サスペンス映画の常套手段! 
今まで あらゆる映画やテ レビドラマで使い続けてきた手段だけど
これをやると やっぱりおもしろいんですよ 


昔「特捜最前線」という刑事ドラマがあって
そのメイン脚本家 長坂秀佳が得意としていたジャンルが
‘爆弾’‘時間制限’

「プルトニウムが 消えた街」 「悪魔がくれたバリコン爆弾」など
傑作が多々あります

映画 でも「スピード」 その元ネタ「新幹線大爆破」も 
「ニューヨーク1997」 「バトルロワイヤル」・・・・

そういえば「トラック野郎」シリーズは 
ある時間まで荷物(人)を届けなきゃいけないというタイムレースが
いつもクライマックッスだったっけ   

まあこう見ると そのほとんどがB級アクシ ョン映画だけど
それもまたイイよね!!  

他にも 突然思い出したんだけど  
ウォルター・ヒル監督「48時間」が好きでした 

題名通り「48時間」以内に事件を解決しなきゃいけないという
時間縛りのなかで ニック・ノルティ のやさぐれ・はみだし刑事がカッコよく 

デビュー当時のエディ・マーフィーのうるささは
「フィフス・エレメント」のクリス・タッカーも逃げ出すほど…

この水と油の白人黒人コンビのやりとりも アクションも最高でした! 

東京の名画座で掛かった 「48時間」と「ストリート・オブ・ファイヤー」
(どちら もウォルター・ヒル監督作品)の2本立ては、燃えたね!!!


ということで 天使がほほえむか 悪魔がささやくか分かりませんが
また封切作品が出来るよう 応援ヨロシクお願いいたします。 m(__)m


2009年5月18日